ピザ職人になるにはどうしたらいい?4つの方法


街にあるピザ専門店や、イタリアンレストランなどで職人として活躍されている方がいらっしゃいます。そんなピザ職人になろうとした場合、どのようなルートがあるのかあまり知られていないのではないでしょうか。そこで今回はピザ職人になるための4つの方法についてご紹介します。ぜひ夢を実現するために、実践的なスキルを幅広く習得してほしいものです。

1. レストランで修行する

まず一つ目の方法は、「レストランで修行する」というものです。ピザ職人になるとなった場合に必要となるピザの焼き方や作り方、窯の扱い方などを学ぶのであれば実践に勝るものはありません。初めはアルバイトからでもかまいませんので、そのお店で働き始めましょう。

それ以前にご自身が理想とするピザ屋さんを見つけるところから始めてみるのもいいのではないでしょうか。働くお店のピザの味がイマイチであるならば、その技術を学んでも自身の理想とはかけ離れてしまう可能性があります。そのお店のピザの味にほれこんでいることが、下積みを続けるうえでのモチベーションになることもありますので、確信を持ってお店を選ぶようにしましょう。

理想とするピザが見つかってもそのお店がスタッフを募集しているとは限りません。その場合には求人募集のタイミングを見計らうか、直談判のような形で雇ってもらいたいという旨を伝える必要があるでしょう。理想のピザを作れるようになるためには、そのお店で働くなかでお店の流儀や作法などを吸収することが何よりも大切です。

またレストランで働くことで単にピザを焼くというだけでなく、将来ピザ専門店を開業してオーナーになるために必要となるスキルも身につけることが可能です。忙しい時間帯などに慣れるというのも職人としては大切な経験ですので、そうしたものを積み重ねるという意味でもおすすめの方法といえます。

2. 本場ナポリの老舗店に弟子入りする

ピザの本場はナポリです。もちろん日本国内のレストランでも本場の味を受け継いでいるケースも少なくないため、本場に行かなければならないというわけではありません。しかし本場であるからこそ感じ取ることのできるものもあります。ピザもいってしまえば郷土料理の一つです。その土地で生まれたからには、その土地の持つ空気感などを知ることで、それがピザの味へ影響を与えるのです。

本場の老舗店には何百年も前から代々受け継がれてきた味があります。その味をしっかりと基礎から身体に叩き込むことによって、一流のピザ職人として将来羽ばたくことができるでしょう。もちろん職人への道は決して楽ではありません。下積みだけでも3年以上はかかってもおかしくない世界です。

ただし本場ということは、英語やイタリア語など言語の壁がつきまといます。日本語は通用しない環境ですが、一流の職人になるためには避けては通れない、と思えば語学の勉強も前向きに励むことができるのではないでしょうか。

3. 専門学校で学ぶ

ピザの焼き方や作り方などの基礎的な部分に関しては、専門学校でも学ぶことは十分可能です。ピザやイタリアンなど専門のコースを設置している料理専門学校がありますので、ご自身の望むコースを選択することで集中して身につけることができるでしょう。

ただ単にレシピなど料理のことだけではなく、オリーブオイルやトマトなどのピザには欠かすことのできない食材や調味料の選び方や、職人として一人前になるために必要とされる要素をバランスよく学ぶことができるというのもメリットです。

それだけでなく、ピザだけに限らずイタリア料理全般の基礎的部分や料理の基本など、食を取り扱うものとして当然身につけておくべき知識や、スキルを身につけることができるというのも特徴といえます。また同期の存在もモチベーションとしては大きいでしょう。一緒に切磋琢磨して学ぶことができるのですから、夢半ばで挫折してしまうことも少なくなるのではないでしょうか。ただし学校ですので卒業まで2年かかります。短縮は基本的にできません。また平均で300万円ほどの学費が必要になりますので、入学するためにまずは貯蓄をしなければならないかもしれません。

4. 独学で学ぶ

非常にハードルは高いものの、独学によってピザ職人になることも不可能ではありません。レストランで働いたり、専門学校へ通ったりするだけでなく、最低1日から数万円ほどの料金で受講できるアカデミーというものもあります。ピザ作りの基礎をそこで学んだうえで、そこから先は自らの力によって切り開いていくことでピザ職人になれるのであれば、それが一番合っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネットなどでさまざまな情報をすぐに知ることができる現代においては、ピザのレシピなども手に入るでしょう。あとは得た知識をもとに、トライ&エラーを繰り返していきながら納得のできる味にたどり着くまで、試行錯誤を繰り返すことになります。

ただし正解がわからないというのは不安にもつながります。師匠と呼べる存在がいれば独学の指針になりますので、可能であればそのような方を見つけておくといいでしょう。

5.まとめ

今回ご紹介した通り、ピザ職人になるためには大きく分けて4つの方法が考えられます。環境や金銭面などから総合的に判断して、ご自身に合っている方法で職人への道を目指してください。

まずはピザ作りの講習を受けてみたいとお考えでしたら、「ウェック」までお気軽にお問い合わせください。半日で本格ピザを焼くことができるようになる講習を実施しています。

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内