ペレットの種類とその特徴は? メリットと活用製品を紹介!

ペレットの種類とその特徴は?
近年、燃料として「ペレット」が注目を集めています。ペレットを燃料とするストーブやピザ窯など一般的な生活や業務の一部としてペレットを利用した製品が多数導入されています。今回はそんな注目される燃料であるペレットと、その種類やメリットについて見ていきましょう。

ペレットとは?

木質ペレットは乾燥した木材を細粉し、圧力をかけて6〜8mm、長さ5〜40mmほどの円筒形に圧縮形成した木質燃料で、主にストーブやボイラーの燃料として使われているものです。

森林では木が成長すればどんどん密集してきてしまうため、日陰ができ、日光が当たらなくなってしまいます。そのため成長の過程で密集している木の一部を伐採する必要があり、こうして切られた木を間伐材と呼びます。ペレットはこの間伐材や、製材工場などで発生した樹皮、のこ屑、端材など、再生可能な資源である木材を使用しています。再生可能エネルギーとして近年のエコ志向に伴い需要が増えているのです。

ペレットの種類とその特徴

ペレットにはいくつか種類があります。種類ごとに特徴を見ていきましょう。

木部ペレット

木部ペレットは別名ホワイトペレットとも言われます。樹皮を含まない木質部分をメインに使って製造されているペレットとなります。海外では製材工場からたくさんののこ屑が出るため、木部ペレットが主流となっています。燃焼時間が早く、灰分量が少ないのが特徴です。

樹皮ペレット

樹皮ペレットは別名バークペレットと呼ばれます。その名の通り樹皮をメインとした原料で製造されているペレットです。日本では剥皮を有効活用するために樹皮ペレットの生産も多く見られます。燃焼時間はやや早く、灰分量は若干多いのが特徴です。

全木(混合)ペレット

樹皮付き丸太をメインとして作られる全木ペレットと、木部と樹皮を混合したものから作られる混合ペレットの2つのパターンがあります。燃焼時間は長く、灰分量は多いのが特徴です。

使い分けとペレットの生産について

3つのペレットの種類はそれぞれ、用途や使用する機器によって違いがあります。機器によっては使用できるペレットの種類に制限がある場合もありますので、使用する際にはどの種類が対象となるのか確認が必要です。

またペレットは現在安定して優れたペレットを供給するために規格や基準を設けています。日本の国産ペレットの生産量は2015年の統計では12万トンとなっており、全国の認証工場は5ヶ所設けられています。認証工場は「JPAペレット認証工場」と呼ばれています。

ペレットのメリット

現在注目されているペレットですが、ペレットを利用することで得られるメリットを見ていきましょう。

コストが安い

ペレットはガスなどの化石燃料と比較してもコストが安く店舗運営にかかるコストカットにつながります。化石燃料は現在枯渇資源とされており、その貴重さが高まるほど今後価格の高騰が予測されます。そうなった場合に木質ペレットは燃料として需要が高まるでしょう。

コストの安定

化石燃料は世界の情勢により、価格変動が激しくなります。1973年に起きたオイルショックはまさにその影響を受けたことが原因となり引き起こされた歴史といえるでしょう。その一方でペレットは地域資源であるため価格の高騰や下落ということが起こりにくく、コストの安定=経営の安定につながると考えられます。

地球環境に優しい

木質のペレットでは燃焼時に排出する二酸化炭素の量が、大幅に少なくなります。ペレットを燃やす際に排出する二酸化炭素はもともと原料となる木材が成長する過程で吸収してきたものですので、大気中に二酸化炭素を増加させることがないのです。二酸化炭素の増加は地球の温暖化にも大きな影響を与えるため、これを制限できるペレットは地球環境に優しい燃料ということができるでしょう。

また、間伐材や工場から出た樹皮、のこ屑、端材など廃棄されてきたものが資源として有効活用されることができる点も環境に優しいと考えられています。

ペレットを利用した製品とは?

現在ペレットを利用している製品には以下のものがあります。

ペレットピザ窯

ピザ窯にも現在ペレットが使用できるものが開発されており、メリットは煙が出ない、導入コストが安い、エコである、火力が安定するなどが挙げられ、注目を集めています。

ペレットストーブ

現在注目されているのが、やはり、ペレットストーブです。デザイン性が高いものも多く人気上昇中です。操作が簡単である点や、灰の量が少なく手入れが簡単な点、エコである点、結露しないためカビや細菌が繁殖しにくい点などが人気の理由となっています。

ペレットボイラー

ペレットボイラーは現在温泉施設や温水プール、農業ハウス等での利用が進んでいます。メリットは装置価格が比較的安価であること、全自動運転で操作がしやすい、エコであるなどが挙げられます。

まとめ

現在ペレットはさまざまな分野で、活用されてきています。ペレットピザ窯のBAKECOOK(ベイクック)では、再生可能エネルギーを多くの人に提供することで、よりよい地球環境を維持することで社会に貢献する、という理念のもと、ペレットを使ったピザ窯「ペレットピザ窯」を販売している会社です。環境にも優しく、これまでと変わりなくおいしいピザを作り上げることができるペレットピザ窯をぜひ一度試してみてください。

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内