ピザ窯を使用する際に避けては通れない煙問題がペレットピザ窯で解決!

ピザ窯を使用する際に避けては通れない煙問題がペレットピザ窯で解決
ピザ窯を使用することで、ほかのオーブンでは真似することのできない本格的なピザを作ることができるようになります。その一方で気をつけなくてはならないのが「煙問題」です。近隣とのトラブルにも発展しかねない問題ですが、ペレットピザ窯にすることで解消できます。今回はペレットピザ窯にすることでどのようにして煙問題が解消するのかについてご紹介いたします。

ピザ窯の煙問題

ピザ窯には火が不可欠です。当然、その調理には煙が出ることになりトラブルを生むこともあります。例えば近隣住民に対する臭いなどによるトラブルです。煙には独特の臭いがあるため、洗濯物に付着すると簡単には取れません。また煙が周囲の家の室内へと入り込むことで、より問題は大きくなる傾向にあります。万が一煙によるトラブルへと発展してしまった場合、移転するか煙を何とかして広がらないように工夫が必要になりますが、いずれにしても現実的ではないでしょう。

また、「煙道火災」という事故の発生も危惧されます。その名の通り、煙の通り道で発生する火災のことですが、いくつかある発生原因の中で最も多いケースが「排煙口内の汚れ」に起因するものです。造り立ての状態では問題ありませんが、使用し続けていくうちに排煙口の内部に煤(すす)がたまっていき、それが塊になります。そこへ何らかのタイミングで強風が入り込むことで、いわゆるバックドラフト現象が発生し、一気に炎が燃え上がってしまいます。煙一つでこのような問題が発生する場合もある怖いものなのです。

ピザ窯を使用しているからこその問題です。周囲に迷惑をかけないようにするために、立地などをあらかじめ考慮することで回避も可能ですが、必ずしも条件を満たす立地とは限りません。排煙口の掃除やメンテナンスについても定期的に実施するためには、それなりの時間を要するため負担となるでしょう。

煙が出る理由とデメリット

ピザ窯でピザを焼く場合ですが、基本的には直火で焼き上げることになるため、燃料として薪が使用されます。つまり、焚き火と同じで薪で火をつけることが煙の発生理由というわけです。その都度くべる薪の量によって火力を調整し、常に火がついている状態になりますし、その間は当然煙も出続けます。絶えず新しい薪をくべなければ火力が下がり焼き上がりにもムラが出てしまうため、薪の数を抑えることは難しいでしょう。

煙によるデメリットは先述の通り、近隣への迷惑が最も大きいでしょう。焼いたピザをおいしく召し上がっていただきたい方に対して不本意な形で迷惑をかけてしまうのですから、これはデメリット以外の何物でもありません。ガス窯という煙が出さずにオーブンレンジよりもおいしく作る方法もありますが、味に関しては窯で焼いたものとは比べ物にならないほどの違いが生まれます。

周囲の家との距離が程よく離れているような余裕のある立地であればそれほど気にしなくてもいいのかもしれませんが、飲食店であれば人の多い繁華街や住宅街の立地を選ぶのは当然のことですので、煙問題は大きく立ちはだかる壁というわけです。

ペレットピザ窯は煙が出ない?

そんな悩みを解消する救世主のような存在が「ペレットピザ窯」です。通常の窯と同様に直火でまんべんなく全体をしっかりと焼き上げるので、ピザそのものの味にこだわりながら、煙がほとんど出ないというまさに画期的な製品です。

煙が出ない理由は、排気ファンを使用して強制的に燃焼させて完全燃焼状態にしているからです。通常は強制的に燃焼をさせることはなく、着火した薪などの燃料がじわじわと燃焼されていく過程で煙が発生します。ところがペレットピザ窯はペレットストーブと同様にファンの力で強制的に燃焼と廃棄を行います。それによって完全燃焼状態という煤などの不純物が発生しない状態で燃え続けるため、煙は発生しません。

ただし、火力が安定したタイミングから煙も発生しなくなりますので、燃え始めにはまれに煙が発生します。ペレットピザ窯であれば完全に発生しないわけではありません。それでも煙に悩まされることがなくなるだけでも負担はかなり軽減されます。

煙のお悩みとさよならしましょう

ほとんど煙が出ないだけでピザ作りの負担は解消されます。ピザの味に対するクオリティの向上に集中できるようになりますし、ガス窯などで妥協する必要もありません。直火でさらに火力調節も簡単にできるペレットピザ窯は一石二鳥のアイデアともいえるアイテムなのです。

ピザを焼く際に煙が出なくなることによって、近隣住民の方へ配慮しなければならない問題が解消されます。直火による高温で焼き上げたおいしいピザを提供し続けることが可能となるのです。立地に関してもそれほど重点的に気をつける必要がないため、自由度は一気に増します。煙がほとんど出なくなるだけでなく、移動も可能なことや、燃料であるペレットが薪よりもコストパフォーマンスに優れており、環境にも配慮されているメリットもあります。それでいて窯焼きのクオリティが保てるのですから、導入する窯を決めるときにペレットピザ窯を選択しない考え方はないようにも思えます。

まとめ

煙が出てしまうことでトラブルや火災の原因になることがあります。それでもムラなく焼き上げたおいしいピザを提供するためには直火は欠かせません。ペレットピザ窯はそのどちらの問題も解決する有効な選択肢です。

ピザ釜の煙にお悩みの方は、ペレットピザ窯の販売を行っておりますペレットピザ窯のBAKECOOK(ベイクック)をご検討ください。

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内