ピザ屋の移動販売をするために必要なものとは? 費用まで解説します!

ピザ屋の移動販売をするために必要なものとは?費用まで解説
昨今話題になっているピザ屋の移動販売。ピザの移動販売に乗り出したいという方も多数いらっしゃいます。そこで、今回の記事ではピザ屋の移動販売に必要なものについて解説します。ピザ屋の移動販売に最適なピザ窯についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ピザ屋移動販売のために必要なものについて

まずピザ屋の移動販売に必要なものは、キッチンカーとピザ窯、そして保健所の営業許可証となります。この3点セットがありませんと、たとえピザの具材を仕入れても営業はできませんので揃えることが必須です。この項目では、この3点セットについて解説していきます。

キッチンカーについて

ピザ屋の移動販売をするために、キッチンカーはなくてはならないものです。具材を保存したり、営業する場所まで移動したりと、大活躍します。キッチンカーとは調理のための設備が備えられているもので、シンクや冷蔵庫、ピザの移動販売ならピザ窯を備えている車のことを指します。屋台などの客席付きのものもあれば、手渡しで商品を渡すだけの客席が付いていないタイプなど種類も豊富です。

キッチンカーを購入するとなりますと、製作か中古品の購入となります。製作する場合は、車体費用と別に、キッチン作成費用が必要になります。こちらの相場は200万円くらいからとなっています。

また、中古品の購入になりますと、車体の大きさや、車検の有無などによって値段に幅があり、相場は40万~300万円程度を見込んでおくとよいでしょう。

キッチンカーは、購入以外にもレンタルという方法があり、こちらは日額3万~5万円が最低値付近です。長期レンタルになりますと、月額30~40万円程度になります。長期になれば割安で借りることができます。

ピザ窯

ピザ屋の移動販売は、最終工程をキッチンカー内で行うことがほとんどですので、ピザ窯が必須です。キッチンカー内に店舗と同じ大きさのピザ窯を作ることは不可能ですので、小さくても火力のあるペレットを燃料にするピザ窯か、電気を燃料とするピザ窯を備え付けることになります。

費用相場は、業務用ですと10万円程度のものから100万円程度まで幅があります。電気式のピザ窯の方が費用の高い傾向にあり、導入費用が抑えられるのはペレットを燃料にするピザ窯です。

営業許可証の取得

食品を移動して販売するには、保健所の営業許可証が必要になります。許可書が無いまま営業しますと、移動販売自体が違法行為となってしまいますので必ず取得してください。食品を販売する営業許可には二種類ありますが、ピザ屋の移動販売には調理営業のための許可証が必要です。

また、保健所から営業許可証を得る前段階として、食品衛生責任者の資格を持つことも必要です。この資格は講習を受ければ誰でも取ることができる資格ですので、事前に取得しておくとよいでしょう。なお、保健所へ営業許可の申請を行う場合は代行業者を通すことが多く、その費用の相場は10万円程度からとなっています。

ピザ屋移動販売の諸経費について

続いては実際に、ピザ屋の移動販売をしている際にかかる費用について解説します。

車両にかかる料金

車両を実際に運用していくには、車検代やガソリン代がかかります。また、キッチンカーには貯水タンクが設けられていることが多く、その給水のために水道代などがかかってきます。

事故が起こったときのための、基本的な各種保険などの諸経費もあります。基本的に一般の車両を保有することでかかる諸経費の種目と同じものが多いです。

営業場所にかかる料金

ピザ屋の移動販売に限らず、店舗を持たないキッチンカーでの営業には、営業場所にかかる料金があります。ショッピングモールや祭りなど、時間や場所によってさまざまな料金体系での料金がありますので、しっかりと確認したいところです。

ピザの移動販売の最大の決め手

ピザ屋の移動販売において最大の決め手は、ピザ作りの最終工程を担うピザ窯です。最後に、キッチンカーという狭い場所において、おすすめのピザ窯をご紹介します。

ピザ屋の移動販売には本格派が多い

一昔前までの移動販売では、通常の店舗で食べるよりも味が落ちていたことは否めません。しかし、最近の移動販売では差別化のために、本格派が多数を占めてきています。

手軽に専門店で食べられるようなピザを売りにしている移動販売店が多くなってきています。ピザ屋の移動販売に乗り出すのであれば、本格派を目指すとよいでしょう。

本格派を目指すならピザ窯に力を入れたい

本格派を目指すのであれば、具材はもちろん、ピザ窯にも力を入れたいところです。ピザの最終工程を担うピザ窯によって、同じ具材でも、出来上がりにかなりの差が出ます。他のピザ屋の移動販売との差別化を図る上で、ピザ窯に投資しない手はありません。

キッチンカーにおすすめのピザ窯について

キッチンカーにおすすめのピザ窯は、燃料にペレットを使ったピザ窯です。電気を燃料とするピザ窯よりも火力に優れ、直火でピザを焼き上げることができます。直火でピザを焼き上げた方が、焦げ目が付き、木材の香りも移って本格的なピザが出来上がります。

まとめ

ピザ屋の移動販売ではさまざまなものを用意しなければなりません。その中でも一番差別化につながるのが、ピザ窯です。移動販売におすすめのピザ窯といえば、エコでクリーンな燃料「木質ペレット」により火をおこすペレット窯になります。

ペレットピザ窯のBAKECOOK(ベイクック)は再生可能エネルギーを多くの人に提供することで、よりよい地球環境を維持することで社会に貢献するという理念の下、間伐材や端材からできる木質ペレットを燃料にする窯「ペレット窯」を販売している会社です。ペレット窯の実力は特にピザを焼き上げる際に発揮します。ペレット窯にご興味をお持ちの方はぜひともお問い合わせください。

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内