ピザ屋を開業するときに活用すべき助成金・補助金とは?

ピザ屋の開業にかかる資金は、平均1,000万ほどといわれています。多額の金額を貯蓄してからの開業は、気が遠くなるくらいの日数を働かなければなりません。そのようなときに頼りになるのが、助成金や補助金の存在です。本記事では、ピザ屋を開業するまでに使える助成金や補助金について徹底解説します。
自分の理想のお店を出す前にしなければならない申請は多くありますが、これもそのひとつです。

1.ピザ屋を開業する際にどのような費用がかかる?

まず確認すべきことは、ピザ屋を開業するにあたり必要となる費用です。冒頭にも書いたように、主に実店舗の家賃や設備費用や広告費用、仕込み費用や人件費もろもろ含めますと、おおよそ1,000万円前後になる計算です。またこれ以外にも、技術を磨くために海外へ修行に行ったり、ほかの店のピザを食べ歩いたりと、店の質を高める必要もでてくるでしょう。

開業費用について、詳しくは以下のページも合わせてチェックしてみましょう。
「ピザ屋 初期費用」への内部リンクへ

2.そもそも助成金とは?

飲食業界における助成金とは、国の目標に沿った事業を行う飲食業に対して、その事業を支援するという意味で交付されるお金のことをいいます。基本的には返済が不要で、収益の一部と考えてよいとされています。長期的な経営を見込めるほか、社内の労働環境も潤い、経営者には非常にうれしい制度です。

2-1.助成金を貰う前に

助成金を貰う前に抑えておきたいポイントは、以下の通りです。

・一定の条件を満たせば誰でも貰える
・審査を経て、後払いで貰える(約1~1年半ほどかかる)
・金額は、支払われた経費の何割かが返ってくるという仕組み

助成金を貰う前に、条件を満たしているかどうかを判断する審査があります。その審査に通った場合に、経費の何パーセントかが返ってくるのです。基本的にお金は後払いで、1~1年半の期間がかかると覚えておきましょう。

3.おすすめの助成金

それではさっそく、飲食店開業における助成金の種類について見ていきましょう。

3-1.キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金とは、非正規雇用者がキャリアアップするための取り組みを、会社が実施した場合に交付される助成金です。パートやアルバイトが社員に昇格した場合だけでなく、契約社員が正規雇用契約に転換した場合にも適応できる、社内環境が非常に整う助成金です。

ただし2018年から、キャリアアップ助成金の中でも賃金規定等改定コースや正社員化コースなど、7つにコース分けされています。自分の店にあったものを選びましょう。

3-2.トライアル雇用奨励金

これまでの職歴から十分な技術がなく、安定した職業に就けない人をお試しで雇用することで、雇用者が助成金を得られるのがトライアル雇用奨励金です。お試しという意味から、試行雇用といわれることもあります。

雇用してから無事トライアル期間を終えられた場合に、助成金を得られます。雇用といってもあくまでお試しですので、お互いに職場環境が最適かどうかを見極めるよい期間になるという意味で、人気の高い助成金です。

3-3.特定求職者雇用開発助成金

母子家庭の母や高齢者などの、特定求職者を雇用した場合に得られる助成金です。主にハローワークなどの紹介を経て雇用できます。

原則として継続して雇用すること、一定の期間(約3年間)は退職させないことを条件に掲げているためあわせて頭に入れておきましょう。その場合、半年ごとに決められた額が支給されます。

4.まとめ

助成金を得る際に必ず提出しなければならないのが、「事業計画書」です。助成金を得るための目的に沿っているかをいかに上手にアピールできるかが、補助金を得るカギになるのです。そのためにはまず「自分のお店をどうしたいか」、また「どんな店にしたいか」をもう1度考えてみる必要があるでしょう。ぜひとも補助金を使って、自分自身だけでなく地域にとっても心地のよい空間となるお店を開業してください。

「ピザ屋を開業したいけど、ピザ釜はどうしようかな」このように考えている皆さんは、ぜひ私たちにご相談ください。私たちウェックは、本来ピザ釜を設置する際にかかる費用の約5分の1の低価格でピザ釜の提供を行っています。低価格でありながら確かな技術と質を兼ね備えたピザ釜で、今まで多くのピザ屋開業をバックアップしてきました。まずはお気軽に、私たちが取り扱う「BAKECOOK(ベイクック)」のピザ焼きの技術を試してみませんか。お問合せはお気軽に、公式ホームページより承っております。あなたのピザ屋開業を応援しています。

 

 

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内