フランチャイズでピザ店を開業するってどうなの?仕組みや特徴などを解説!


ピザ業界は近年競争が激化しており、市場規模も拡大傾向にあります。また本格的な高ハイクオリティのピザを提供する店が増えており、新規参入するにも工夫が必要です。そうした中で、開業の費用負担や手間を減らせる方法としてフランチャイズでの開業も注目されています。今回はピザ店のフランチャイズについて、仕組みや特徴、メリットなどを解説していきます。

1.ピザ店の新規参入はハードルが高くなっている

ピザ業界の市場規模は、年々拡大しています。日本では従来、デリバリー型のピザ専門店が人気を集めていました。しかし近年では低価格を売りにするファミレスや、移動販売車などでも気軽にピザが食べられるようになりました。またクオリティの高いピッツェリアなども年々増えており、多様化が進んでいます。

こうした多様化の時代にあって、ピザ店に新規参入する際には、デリバリーなのか、移動販売なのか、実店舗を置くのか、さまざまな選択肢が用意されています。しかしそのどれも参入するハードルは年々高くなっているといっていいでしょう。中でもクオリティに関しては非常にレベルが高くなっており、そのレベルの上昇に合わせて、参入に際する初期費用は年々高くなっています。

求められるレベルの高さ、初期費用の大きさに比例して、注目を集めているのは、ピザ店のフランチャイズ開業です。

2.フランチャイズの仕組みと特徴

それではフランチャイズとはどういったものなのでしょうか。

フランチャイズとは、店舗が事業本部と加盟契約を結ぶことで事業本部のブランド、チェーン店名称、商品やメニュー、経営ノウハウ、技術サポート、従業員やオーナー向けの研修などの「パッケージ」を、ワンセットで提供してもらえるシステムのことです。

実店舗はフランチャイズに加盟することでサポートを受けられる反面、そうしたパッケージを利用する際のロイヤリティを事業本部に支払う。というビジネスモデルとなっています。よくいう「チェーン店」はこのモデルを採用しているお店が多く、コンビニもその多くがフランチャイズ加盟店です。

3.ピザ店をフランチャイズで開業するメリットとは?

それではフランチャイズでピザ店を開業するメリットはどういうところにあるのでしょうか。

3-1.初期費用を抑えられる

ピザ店を個人で開業するには、店舗取得費や仕入代などさまざまな初期費用がかかります。大手ピザチェーンとフランチャイズ契約を行えば、こうした費用や労力に関して手厚くサポートを受けられる場合が多く、費用面・労力面の負担がかなり抑えられます。

3-2.経営や事業展開に関するノウハウが得られるので初心者でも経営できる

一から個人でピザ店を経営していくには、綿密な市場調査や、経営計画の立案、店舗運営体制の構築、費用の工面といったことを、個人ですべてやらなければなりません。初めての経営にはさまざまな不慣れや苦労がありますが、フランチャイズで開業を行えば、そうした面はすべて事業本部がサポートしてくれるので、労力をかけずにすみます。

事業本部は過去にも数多の店舗を経営してきた実績にもとづく、確かな経営ノウハウを持っていて、フランチャイズ契約を結ぶことでそうしたノウハウを享受できます。個人規模ではなかなか構築できない確実性の高い経営計画を与えてもらえるメリットは計り知れません。

3-3.廃業リスクを抑えられる

またそれだけでなく、本部の管理下に置かれることで、廃業のリスクを大きく抑えられます。チェーン店という看板があれば、宣伝力の弱い個人店よりも新規顧客がつきやすいのは明白でしょう。

チェーン店という看板のおかげで、短期間で経営を安定させやすくなりますし、ブランド力もあるので継続的に顧客がつきやすくなります。また本部からさまざまなフィードバックや、アドバイスが得られるというのはフランチャイズ開業の大きなメリットとなっています。

4.フランチャイズでピザ店を経営するポイント

それではフランチャイズでピザ店を経営するにあたって、チェックしておくべきポイントはどんなものがあるのでしょうか。

4-1.営業形態が自分の望むものかどうか

ピザ店には、さまざまな営業形態があります。デリバリー型や実店舗、移動販売などそれぞれに特徴があり、メリットデメリット、向き不向きなどがあります。立地との相性や、自分との相性、自分が思い描いているピザ店の営業がきちんとできるチェーン店なのかは、まず据えておくべきチェックポイントです。

たとえばデリバリーを主体とした営業形態であれば、人通りを意識しなくても店舗営業ができるメリットがある反面、配達用バイクの確保および管理をしなければならないという特有の手間や負担もあります。

4-2.価格変動が起こっても対応できそうかを意識する

ピザ店は、仕入代から提供価格まで、何かと価格の変動が大きいビジネスモデルとなってしまいがちです。初めてであればなおのこと、こうした価格の変動が起きても耐えられそうかを事前に想定して、シミュレーションしておくことは非常に大切になります。いくらチェーン店だからとはいっても、立地や環境が悪ければ客足も遠のきますし、価格変動に対応しきれなければニーズを満たせません。

基本的には本部の経営計画を享受できるので手間は少ないものの、いざという時の価格変動のリスクは一定程度覚悟することが求められます。

5.まとめ 

以上、フランチャイズの仕組みと特徴から、フランチャイズでピザ店を開業する際のメリット、経営するにあたってのポイントなど、一通り解説してきました。ピザ店は他の飲食店よりも多様化が著しい業種であることから、綿密な経営計画を組み立てていかねばなりません。中でも設備投資に関しては思う通りにいかない場合もありますが、事業本部のノウハウが得られる以上確実性は高く経営できます。

ある程度設備に関して自由度が高い場合には、ウェックの開発している「BAKECOOK(ベイクック)」の導入を考えてみてください。ベイクックはペレット窯という特殊な窯で、導入コストが非常に低くすむ割に、クオリティの高いピザが誰にでも焼き上げることができます。ピザ店を開業するなら、誰にでもできるシンプルさと、クオリティの高さはどちらも欠かせません。費用対効果の高いベイクックの導入をぜひご検討ください。

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内