コンテンツ

熟練技術や修行の必要なし!明日からすぐに本格ピザが焼けます

専門知識がなくても簡単に薪窯のようなピザを焼くことができます。

薪窯のピザのおいしさは絶対的ですが、温度管理が重要です。
職人さんが窯の前につきっきりになり、窯の中のピザを動かし続けなければなりません。

でもベイクックなら温度管理の必要はありません。
専門知識や経験を積んでいなくても誰でも簡単に薪窯のようなピザを焼くことができます。

さらに燃料のペレットは自動で供給されますので、薪をくべるような手間も必要ありません。
これから開業する方にも、店舗スタッフさんを増やす方にもぴったりです。

薪窯の難題「温度管理」

ピザ窯のサイズにおける重要なポイント

一般的においしいピザを焼くには温度管理と焼き上げの技術に長年の修業が必要です。ガス窯や電気窯と違い、薪窯を操るには蓄積された熟練の技術が必要です。本場イタリアではピザ職人は「ピッツァイオーロ」と称されるほどです。

薪窯を操るポイントは「温度」です。薪をくべる火のおこし方をはじめ温度管理を見極めなければなりません。

薪窯内は500℃前後の高温なのでピザが焦げないよう窯内のピザを絶えず移動させます。

焦げ目を付けるためにあえて高温部にとどめることもあります。調理温度を一定に保つために常に薪を絶やさず薪をくべ続けなければなりませんが、その日の気温や湿度によってくべる量も違ってきます。

これらの技術と判断力はまさに職人技で、習得には時間がかかり、これから初めてピザ業界に足を踏み入れる方は気後れしてしまうかもしれません。 ペレット窯のベイクックは火の様子を見ながら薪をくべる作業がなく、温度調整機能も付いているので、温度管理が容易。初心者の方でも簡単に本格的なピザを焼くことができます。

 

BAKECOOKのピザ焼きを実際に試してみませんか?

無料体験会のご案内